So-net無料ブログ作成

Tusting トートバック [tusting]

お久しぶりですっ!kamazoですっ!!

また暫く放置しておりました……。

近況になりますが、幸運なことに第2子を授かることができ、イクメンになってます。
最近は奥様の体調も回復してきて、時間の余裕がつきやすくなってきたため、ボチボチ再開してみます。
※と言っても投稿ペースは元々悪いんですけど…。


1発目として鞄ネタを。

Tusting トートバック
IMG_2672.JPG


■Brand History
英国の様々なブランドにレザーを提供する、タンナーの会社であるタスティング社。
エッティンガーなどに革を提供している会社、と言えば分りやすいでしょうか。
そんな会社が自社ブランドとして展開をしているのがこのブランド。
ジョン・ロブやグリーン、クロケットやチャーチにもレザーを提供している(いた?)ようで、非常に信頼感のあるブランドです。


■感想
今年1月ごろ、青山にあるBRITISH MADEでチラ見してからずーーーーっと気になっていたこちらの鞄。
レザーバックとしてはそこまで高価では無いのですが、必要性と言うより趣向性が強い気がしており、他にもレザーバック持ってるし、と思い先延ばしにしていました。


転機としてオンオフ兼用で使っているAniaryを酷使しすぎたため、革がちょっとヘタっているのを発見。
オフ中心で、頑張ればオンも行ける、と思いこちらを購入してみました。


カラーリングは非常に安心感(無難感)のあるネイビーをチョイス。
買い物仲間である友人T氏には「またネイビー?レッドも似合うよ?」と突っ込まれ、その日の恰好はほぼ全身ネイビーだったので何も言えず、ただ黙ってレジに持って行きました。
※いいんです…ネイビー好きなんだもん……


IMG_2673.JPG
裏地はいやらしさ皆無の紫です。
それなりに収納できるポケットがあるのは嬉しいところ。
私的にトートはセキュリティ面に不安があるので、クラッチバックをさらに入れて使ってます。


難点を見つけるのが好きな僕ですが、特に見つからないですw
コスパは高いですし、革靴のライニング革を使用しているようですが気にならないし、サイズも希望通りだし…と優等生な鞄です。

近頃BRITISH MADEやVULCANIZE LONDONなど、ダンディな物が気になります。
10年後の姿を夢見て使おうと目論見中です。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。