So-net無料ブログ作成
検索選択

VANS AUTHENTIC [vans]

久しぶりにスニーカーを購入しました。

VANS AUTHENTIC
vans.jpg
※私物は結構履いて汚れているので、ABC-MARTより画像を拝借してます…

昨今のスニーカー業界を俯瞰していると、New Balanceの独壇場な印象で
街中を歩いていると高い確率でNew Balanceを履かれている方に遭遇します。

元々New Balance押しの僕としては嬉しいことなんですが
正直、見るもの履くのも飽きてきた…という天邪鬼な性格が出てきてます。

NIKEadidasも良いですが、アンダー1万円の安価で履きやすいスニーカーが良いなと思い
久しぶりにVansを手にしてみました。
Vansもここ最近はかなりメジャーな部類ですけど…^^;

そういえば、昔からロンハーマンさんでは、ずっとVansのAUTHENTICを押しているんですよねー。
西海岸のテイストにAUTHENTICは非常にマッチしてます。

SK-8は10年前に試し済み、OLD SCHOOLと似た型のvisvimは5年前に履いたことがあり、ERAはストリート感が強い
と言う理由で、AUTHENTICを購入してみました。

購入してから2週間くらい経ちますが、裾幅が狭いパンツは概ねマッチします。
生地感の関係上、冬は厳しいと思います…絶対に冷える…。

履き心地ですが、イメージしていたよりも良好です。

例えば下手で申し訳ないですが
New Balance:足を包み込んで、靴全体のクッション性で歩き心地を確保
Vans:靴のインソールのクッション性で歩き心地を確保
という感じでしょうか、ConverseのJack Purcellに似た履き心地です。

もう少し早く買って、夏から履き始めれば良かったと思います。




montbell インナーダウン [トップ]

立て続けですが、直近買った冬支度を。

montbell インナーダウン

蜀咏悄 3.JPG

montbellのインナーダウンです。

一昨年辺り(?)に凄い流行った印象ですが、未だ人気は健在の模様です。
8月末にはあった在庫が、先日地元のmontbellに行ったら小さいサイズは軒並み完売。
これはマズイ、と思い都内で暇を見つけてはmontbellストアを覗いてみたらネイビーのSを発見したので即捕獲しました。
ブラックかネイビーのどちらかを買えれば、、、と思っていたのでホッとしています。

最近ではいろんなブランドがインナーダウンを出していますね。
安さで言えばユニクロさんが圧勝と思いますが、品質で言えば、正直どのアウトドアブランドにも大差はないのかなぁ、と思っています。
タウンユースであれば、素人目に細かなスペックを説明できないからです。
なので、言ってしまえばあとはデザインの好みになると思うのですが、元々見せる前提でないので、正直どのブランドでも良かったり…と言う本音。
強いて言えばコスパが高い事、ユニクロ以外、と言うのでこれを選んでみました。
※プラス元々montbellが好きと言うのもあったり。

未だ暑いので、早く袖を通してみたい服です。

Mackintosh downfield [トップ]

冬に向けての準備です。

Mackintosh downfield

蜀咏悄 2.JPG

サイズ:36

楽天でお安くなっていたのでポチリ。
いつかは欲しいと思っていたMackintoshですが、先日ネットサーフィンをしていた際に発見し、しかもポイント10倍をやっていたので、思わず購入してしまいました。
色はオリーブになりますが、思っていた以上に品が感じられたのでコレもありかなと。
ちなみに生地はゴム引きで、裏地はロロピアーナと、分かる人には嬉しい仕様になっています^^

ゴム引きコートはダンケルドのネイビーと思っていましたが、この色と形は珍しさもあり私的に有りと思っています。
ビジネス用途では厳しいかもしれませんが、怒られるまでは着てみようかなとw
※と言っても、ラフな服装をしている人が多い会社なので、そこまで突っ込まれないと思っていますw

冬の仕事用コートは暫く不要なハズです(あくまで怒られなければ…w)

新しいコートを買うと早く寒くなって欲しいと思う気持ちが増すのは僕だけでないはずです。





靴のお手入れ(regal 水洗い) [ネタ]

今回は趣向を変えて靴のお手入れをレポートです。

通常のお手入れではあまりやらない、水洗いになります。
とあるサイトにて丸洗いについてプッシュしており、見事に影響を受けた次第ですw
私自身、梅雨時期や夏場の足汗の量が尋常じゃないので、むしろやってみたかったネタでもあります。


■準備したもの
実験台の革靴としてイセメンB1にて購入したREGALで試してみます。

通常の手入れ向け
 モウブレイ ステインリムーバー
 ブラシ 豚毛
 ブートブラック シュークリーム
 ペネトレイトブラシ
 グローブクロス

丸洗いに向けて追加
 モウブレイ サドルソープ(皮革用石けん スムースレザー用)
 モウブレイ クリーニングスポンジ
 モウブレイ ソールモイスチャーライザー


--------------------

①汚れ落とし責め
靴紐を外し、ブラッシングで埃落としして、ステインリムーバーでクリームを除去します。
曰く、この工程をしっかりやった方が、後の石鹸洗い時により効果を発揮するらしいです。
IMG_2522.JPG


②水責め
勇気がすごく要りました。
革靴を水に漬けるって経験、普段無いですから。
IMG_2523.JPG


③泡責め
全身を隈なく泡責めします。
ソープの泡立ちがが意外と(?)上手くいかず、泡を作っては革に撫で付け、を繰り返していました。
何度かやっているとアッパーの泡が茶色になっていったので、だんだん楽しくなりますw
インソールからは靴下繊維らしきもの(埃)が出てきたり、ソールは黒ずんだ汚れが出てきたりと、汚れを落としている感じが非常にします。
この工程ではあまり力を入れないのがポイントの模様です。革が傷ついてしまうので。。
IMG_2524.JPG


④再度水責め
泡を綺麗に洗い流し。
流し終えた後にアッパーを触ると革が柔らかくなっていました。
泡自体に油分が含まれているそうなので、適度に流すのがポイントらしいです。
※と言っても程度が分からないので、ひとまず気にならなくなるまで水責めしてみました。
IMG_2525.JPG


⑤除湿責め
新聞紙を詰めて、風通しの良いところで乾かし。
サージェントの靴もついでに洗ってみました。
IMG_2527.JPG


栄養責め
乾いた後の状態を見ると、革に栄養分が全く足りていない状態になります。
所謂カサカサな状態。
これに通常の靴磨きで使用するクリームを何度か重ね塗りします。
ソールも綺麗なので合わせてクリームを塗り込みます。
IMG_2560.JPG

IMG_2561.JPG


⑦出来上がり
私はワックスを使わない派なので、適度な輝きが戻ったと思います。
写真だと伝わりづらいですね。。
蜀咏悄.JPG


--------------------
■感想
有か無かでいえば、丸洗いは概ね肯定です。
アッパーの細かい汚れ、ソールの汚れ落としは勿論ですが、特にインソールの感覚が洗う前と後では全然違います。
インソールは普段のお手入れではどうしても手が届かない、届きづらい部分ですので、目に見えて汚れが落ちますし、沈んでいたコルクも若干浮きます。
善し悪しあるかと思いますが、インソールのじめっとした感じがスッキリするのはとてもうれしい。


実施時期として、夏が過ぎた後に行うのがベストと思います。


The Stylist Japan ジャケット [トップ]

The Stylist Japan ジャケット

蜀咏悄 1.JPG

サイズ:XS

スタイリストの大久保篤志氏が手がけるブランド、The Stylist Japanのジャケットです。
個人的な感覚ですが、ストリート感のあるブランドイメージ。
アメトラが好みな最近では結構ツボに入るデザインです。

オクで半額以下だったので、入門編にとポチリ。
ホップサックでないのは残念ですが、ポジティブに捉えるとキレイ目な格好に合う!と言うことでw

このジャケットですが、仕事着などに見られる、正確には、テーラー仕立てのジャケットに見られるギミックがありません。
例えば、切羽仕様でない、ベンツがない、裏地がメッシュ、などです。
クラシックスタイルを構築する上で必要なものですが、それらがないことで、あえてカジュアルダウンされている印象です。
だからこそ私服スタイルで映えるジャケットなのかな、と思ってみたり。

次はネイビーかグレーのホップサックを3ピースで狙いたい物です。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。