So-net無料ブログ作成

靴のお手入れ(regal 水洗い) [ネタ]

今回は趣向を変えて靴のお手入れをレポートです。

通常のお手入れではあまりやらない、水洗いになります。
とあるサイトにて丸洗いについてプッシュしており、見事に影響を受けた次第ですw
私自身、梅雨時期や夏場の足汗の量が尋常じゃないので、むしろやってみたかったネタでもあります。


■準備したもの
実験台の革靴としてイセメンB1にて購入したREGALで試してみます。

通常の手入れ向け
 モウブレイ ステインリムーバー
 ブラシ 豚毛
 ブートブラック シュークリーム
 ペネトレイトブラシ
 グローブクロス

丸洗いに向けて追加
 モウブレイ サドルソープ(皮革用石けん スムースレザー用)
 モウブレイ クリーニングスポンジ
 モウブレイ ソールモイスチャーライザー


--------------------

①汚れ落とし責め
靴紐を外し、ブラッシングで埃落としして、ステインリムーバーでクリームを除去します。
曰く、この工程をしっかりやった方が、後の石鹸洗い時により効果を発揮するらしいです。
IMG_2522.JPG


②水責め
勇気がすごく要りました。
革靴を水に漬けるって経験、普段無いですから。
IMG_2523.JPG


③泡責め
全身を隈なく泡責めします。
ソープの泡立ちがが意外と(?)上手くいかず、泡を作っては革に撫で付け、を繰り返していました。
何度かやっているとアッパーの泡が茶色になっていったので、だんだん楽しくなりますw
インソールからは靴下の繊維らしきもの(埃)が出てきたり、ソールは黒ずんだ汚れが出てきたりと、汚れを落としている感じが非常にします。
この工程ではあまり力を入れないのがポイントの模様です。革が傷ついてしまうので。。
IMG_2524.JPG


④再度水責め
泡を綺麗に洗い流し。
流し終えた後にアッパーを触ると革が柔らかくなっていました。
泡自体に油分が含まれているそうなので、適度に流すのがポイントらしいです。
※と言っても程度が分からないので、ひとまず気にならなくなるまで水責めしてみました。
IMG_2525.JPG


⑤除湿責め
新聞紙を詰めて、風通しの良いところで乾かし。
サージェントの靴もついでに洗ってみました。
IMG_2527.JPG


⑥栄養責め
乾いた後の状態を見ると、革に栄養分が全く足りていない状態になります。
所謂カサカサな状態。
これに通常の靴磨きで使用するクリームを何度か重ね塗りします。
ソールも綺麗なので合わせてクリームを塗り込みます。
IMG_2560.JPG

IMG_2561.JPG


⑦出来上がり
私はワックスを使わない派なので、適度な輝きが戻ったと思います。
写真だと伝わりづらいですね。。
蜀咏悄.JPG


--------------------
■感想
有か無かでいえば、丸洗いは概ね肯定です。
アッパーの細かい汚れ、ソールの汚れ落としは勿論ですが、特にインソールの感覚が洗う前と後では全然違います。
インソールは普段のお手入れではどうしても手が届かない、届きづらい部分ですので、目に見えて汚れが落ちますし、沈んでいたコルクも若干浮きます。
善し悪しあるかと思いますが、インソールのじめっとした感じがスッキリするのはとてもうれしい。


実施時期として、夏が過ぎた後に行うのがベストと思います。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。